留学エージェントってどんなサービス?

まずは留学エージェントの役割や、手数料が無料と有料のエージェントの違いをチェックしていきましょう。
留学エージェントとは

留学エージェントは、留学したい学生や社会人、シニアの方などをサポートする民間企業のことです。一般的には、「留学斡旋会社」とも呼ばれています。

基本的な業務は、留学を検討している利用者に向けて、留学コースを案内したり、現地の学校やホームステイ先などの手配したりすることです。現地に窓口を設けている会社や、電話やメールでのサポートを実施している会社もあるので、気軽に留学や出入国に関する相談ができます。

語学留学や異文化交流のほか、趣味やスポーツ、仕事に関する情報収集など、さまざまな目的に合わせたコースを用意しています。ただ、留学エージェントによって、留学先の国や留学の期間、サポートの充実度などが異なるので、しっかり下調べしてから利用する会社を選ぶのがポイントです。

自分で留学の手続きってできないの?

留学エージェントを使わずに、自分で留学の手続きをすることもできます。ここでは個人で留学の手続きを行う代表的な方法を解説します。

まず、留学したい国を決めて、現地の語学学校を検索します。英語の方が検索に引っ掛かりやすいので、英語で検索しましょう。

その後、オンラインもしくは書類にて入学手続きをします。入学先のキャンパスや希望のコースなどを間違えないようにしましょう。

ホームステイをする場合は、「ホームステイ先を紹介している会社を利用する」もしくは「インターネットでホストファミリーを探す」という方法があります。

パスポートの申請や就学ビザ、ワーキングビザの取得も忘れずに済ませておきましょう。最後に航空券を購入して、海外保険に加入すれば一通りの手続きは完了です。

このように、個人で留学の手続きはできますが、かなり手間と時間がかかってしまいます。初めて留学する方の場合は、現地の学校やホストファミリーと直接やりとりするのはハードルが高いでしょう。

手軽に、かつ快適に留学をスタートしたいなら、まずは留学エージェントを利用することをおすすめします。

手数料が無料と有料のエージェントの違いは?

留学エージェントを利用する際は、手数料がかかります。しかし、すべての留学エージェントが有料というわけではありません。

手数料が無料のケースと、有料のケースがあります。それでは、無料と有料のエージェントの違いについてチェックしていきましょう。

手数料が無料の留学エージェントは、主に「学校を手配する費用」が無料という特徴があります。通常、学校と留学希望者の仲介役となる留学エージェントは、学校を紹介すると学校側から紹介料が支払われます。

その紹介料が会社の利益となるので、学校を手配する費用を無料にしているという仕組みです。もちろん、特別なサポートを依頼する場合は、オプションとして料金が発生する可能性もあります。

一方、有料の留学エージェントを利用する場合は、学校を手配する費用のほか、ビザの申請を代行する費用、現地サポート費用などが必要です。有名な留学エージェントに多い形態で、中には複数のサポート費用をセットで提供している会社もあります。

費用はかかりますが、サポート体制がしっかりと整っているというメリットがあります。中には英会話教室のレッスンや、帰国後のキャリアサポートを実施している会社もあるので、海外での活躍を目的としている方にはおすすめです。

留学エージェントを利用するメリットとデメリット

留学する際は「必ず留学エージェントを利用しなければならない」というわけではありません。個人で留学手続きを済ませている方もいます。

留学エージェントを利用する人としない人がいるのは、メリットとデメリットをしっかりと把握しているからです。それでは、留学エージェントを利用するメリット・デメリットを見ていきましょう。

留学エージェントを利用するメリット

留学エージェント最大のメリットは、留学手続きの手間が省けることです。個人で留学手続きをする場合は、自分で一から調べ上げなければなりません。

基本的に、検索や入学先の学校とのやりとりは英語なので、ある程度の英語スキルが必要です。パスポートの申請や就学ビザなどの細々した手続きも自分で済ませなければなりません。

しかし、留学エージェントを利用すれば、入学の申し込みや飛行機の手配、滞在先の確保などもすべてスタッフが代行してくれます。学校やホストファミリーの仲介役になってくれるので、伝達ミスややりとりのすれ違いなども未然に防げるでしょう。

自分で用意することが少ないことから、仕事や学校で忙しい方も安心して利用できます。さらに、留学エージェントの中には、英会話レッスンを実施しているところや、留学に関するアドバイス、現地でも電話相談を受け付けているところもあります。

初めて留学する方にはおすすめのサービスです。
留学エージェントを利用するデメリット

留学エージェントにはたくさんのメリットがありますが、デメリットもあります。まず、個人で手配するよりも費用が高くなってしまうことです。

もちろん、学校の紹介手数料が無料のケースもありますが、そのほかの相談料やサポート料はかかってしまいます。

また、保険や航空券も自分で選べないケースもあります。保険や航空券は個人で契約・手配した方が安く済むケースがあるので、代行費用に納得できない方もいるでしょう。

さらに、提携している学校が限られることが多いので、自分が希望する学校に入学できない可能性もあります。

留学エージェントは会社によってサービスやサポートの充実度が異なります。インターネット上で「留学エージェント」と検索すると、たくさんの会社がヒットしますが、エージェントの質はまちまちです。

実績や評価、口コミなどを参考にして、自分に合った会社を選びましょう。

留学までの流れと手続方法

それでは、留学エージェントを利用した場合の、留学までの流れを解説します。事前に調べておくべきことや、必要な手続き、用意すべきものをチェックして、留学に備えましょう。

情報収集しよう

まずは留学先に関する情報収集から始めましょう。留学したい国や予算、出発時期などを先に決めておくと、後の作業がスムーズになります。

また、留学の目的を明確にすることも大切です。目的を明確にすることで、留学の形態や期間が決めやすくなります。

例えば、英語の基礎を重点的に学びたい場合は、現地の語学学校に通うのが一般的な選択肢です。異文化交流を楽しみたい場合はホームステイ、現地の大自然を満喫したい場合は、ファームステイなどがおすすめです。

専門知識を身に付けたい場合は、現地の大学や大学院へ入学する方が多い印象です。情報収集の方法はたくさんありますが、おすすめは留学エージェントのカウンセリングを受けることです。

多くの留学エージェントでは、留学するにあたってカウンセリングを実施しています。基本的には、電話や問い合わせフォームにて、資料を請求した後に留学のプランニングをします。

無料カウンセリングや、無料セミナーなどを開催している留学エージェントもあるので、気軽に相談してみてください。留学エージェントのほか、留学の情報誌や留学経験者のブログやレポートなども参考にしてみましょう。

留学先やパスポートの手続きをしよう

留学先が決まったら、次は入学手続きとパスポートの申請に移ります。留学エージェントを利用する場合、留学のプランが用意されているので、プランの申し込みから始めることがほとんどです。

プランの手続きには、「参加申込書」を提出して、手続き手数料を支払います。現地の学校に入学する場合は、入学申請書類も準備します。

入学申請の手続きは、学校によって準備すべき時期が異なるので、注意が必要です。語学学校の場合2~3カ月前、大学・大学院の場合は半年~1年前に準備をします。

学校によっては、テストが実施されるケースもあります。一般的には、「TOEFL」「GRE」「GMAT」「LSAT」などのスコアが入学の基準となります。

ただ、学校によっては「志望動機を含むエッセイ」の提出や、模擬面接が必要なケースもあるので、事前にチェックしておきましょう。ちなみに、面接の場合は現地同行、国内面接通訳、電話面接などがあります。

パスポートを持っていない方は、パスポートの申請も忘れずに済ませましょう。パスポートは、発行までに10日前後かかるので、なるべく早めに申請するのがポイントです。

パスポートの申請に必要なものは、一般旅券発給申請書・戸籍謄本・住民票の写し・写真・本人確認書類です。通常は、住民登録をしている都道府県、大使館、総領事館に必要書類を提出するのですが、留学エージェントを利用する場合は、スタッフに書類を渡して、送付を代行してもらうケースがあります。

出発直前の準備をしよう

入学手続きやビザの申請、ホームステイ先の確保などを済ませたら、細々とした準備を進めましょう。出発直前に準備すべきことは、主に3つあります。

1つ目は、通貨の両替です。現地でも通貨の両替はできますが、慣れていない土地だと、両替できる場所が分からなかったり、システムが分からなかったりする可能性があります。

そのため、日本で事前に両替しておくのがおすすめです。通貨は、銀行のほか街中や駅内にある外貨両替機、ポケットチェンジなどで両替できます。

2つ目は、荷物の準備です。スーツケースの中に、通学用のバッグやシャンプー類、衣服や変換プラグ・変圧器など、必要な生活用品を入れておきます。

ホームステイする場合は、ホストファミリーへのお土産も準備しておきましょう。

3つ目は、滞在先までの道のりの確認と、英語学習です。飛行機や電車のルート確認や、生活に必要な最低限の英語を覚えて置きましょう。

留学エージェントを選ぶポイント

数ある留学エージェントから、自分に合った会社を選ぶためには、サポート内容や費用などを押さえておく必要があります。それでは、留学エージェントを選ぶ際に注目してほしい4つのポイントをご紹介します。

1

サポート内容

留学エージェントの中には、留学先の学校やホームステイ先でトラブルがあった際に、現地で日本人スタッフが対応してくれる会社があります。

そのほか、24時間連絡可能なホットラインを設けている会社もあります。初めての留学は不安がつきものです。電話やメールでの相談を受け付けている会社を選びましょう。

学校手配を始めとする基本的なサービス以外にも、出発間オリエンテーションや出国前の英会話レッスン、進路相談、就労支援などの手厚いサービスを実施している会社もあります。

サポート内容としてエージェント数の多い大手は、人によってバラつきがありますが、少人数の中小企業の方が手厚いことが多いと言われています。

2

スタッフの対応

正直なところ、留学エージェントによってスタッフの質は異なります。基本的に、留学エージェントの会社には留学カウンセラーが在籍しています。

留学カウンセラーは「留学アドバイザー」「留学コンサルタント」「留学コーディネーター」と呼ばれるスタッフのことです。主に留学を支援する業務を担っています。

いわば、留学のスペシャリストです。経験豊富な留学カウンセラーの場合、数あるプランの中で、利用者一人ひとりに合ったプランを見つけ出してくれます。

しかし、中には利益のために、高いプランをすすめたり、判断を押し付けてくるような留学カウンセラーもいます。質のよい留学カウンセラーを見抜くためには、「資格」や実績に注目してみましょう。

3

費用が明確である

留学に必要な費用がきちんと明記されている留学エージェントは、信用できると言えるでしょう。留学プランの決定後、見積書に入学金・授業料など、項目別に明記されている場合、誠実さがうかがえます。

一方で、費用の詳細を記載せず、パッケージとしてひとまとまりで請求をしてくる場合もあります。この場合、何にどれだけの費用がかかっているかが分からないので、信頼性に欠けるでしょう。

プラン決定後、詳しい見積書を提示してくれる会社を選びましょう。公式ホームページに詳しい費用を記載している会社や、オンライン留学費用シミュレーションを実施している会社がおすすめです。

4

希望する留学プランの用意

「希望に合った留学プランを用意しているか」という点も注目しましょう。留学エージェントでは、学生向け、社会人向け、シニア向けなど、さまざまなプランを用意しています。

中には、ハイキングやキャンプ、人気のアクティビティへの参加がプログラムに含まれた留学プランや、牧場や農園でのホームステイを提案している会社もあります。

ホストマザーが日本人の家庭を紹介しているケースもあるので、希望条件があればカウンセラーに相談してみましょう。

留学エージェントは、学校の紹介料が無料の会社と、有料の会社があります。留学エージェントを利用すると、留学手続きの手間が省けたり、手厚いサポートが受けられたりするというメリットがあります。

一方で、個人で手配するよりも費用が高くなったり、会社によってサービスの質が異なったりすすなどのデメリットがあるので、事前の見積もりや留学エージェント選びが大切です。

留学エージェントを選ぶ際は、サポート内容やスタッフの対応、費用の明記や留学プランなどを把握しましょう。