より自由度の高い留学体験!ワーキングホリデーの魅力とは?

公開日:2021/05/15  最終更新日:2021/03/22

海外留学をして語学を勉強することを考えている人もいるかもしれません。ただ、海外留学をしようと思えばビザの取得や住居選びなど、いろいろと考えることが多いため、行動に移すことが簡単ではありません。しかし、海外留学もワーキングホリデーを利用するなら簡単に留学をすることが可能です。ワーキングホリデーの内容について紹介します。

ワーキングホリデーとは?

海外留学をするときにワーキングホリデーという言葉をよく聞くかもしれません。ただ、「ワーキングホリデーとは?」と内容についてわからないこともあるでしょう。ワーキングホリデーとは1年間海外に住むことができる留学ビザです。ワーキングホリデーが使える国は制限がありますが、ドイツやオーストラリアなどであれば利用でき、憧れの海外に住むことが可能です。ワーキングホリデーには以下のような特徴があります。

◆アルバイトや語学勉強ができる
ワーキングホリデーを利用して海外に行くなら、滞在中に現地で働いてお金を増やすことができます。留学目的や観光目的の場合は現地で働くことはできないため、生活費などは前もって貯めていたお金を使用する必要があります。しかし、ワーキングホリデーは語学学校や教育機関の就学と現地の企業で働くことの両方が認められているビザなので、仕事をしながら勉強をして生活費や学費を稼ぐことも可能です。日本と同じように仕事や勉強をすることが許されているため、自分の用途に合わせて活動することが可能です。

◆文化を学習できる
ワーキングホリデーは海外に滞在することのできるビザであり、期間も1年間ほどあるため現地の文化を学ぶことも可能です。現地の文化に慣れるためには1ヶ月ほどの短期間では難しく、1年ほどは必要です。なぜなら、現地の言語や生活スタイルに違いがあるため、観光だけでは雰囲気しか味わうことができません。しかし、ワーキングホリデーであれば語学を勉強できる期間も充分にあり、実際に生活できるため現地の文化もより理解しやすいです。海外生活を短期間して文化に触れたい人にもおすすめできるビザです。

ワーキングホリデーのメリットとデメリット

ワーキングホリデーは海外の生活を行える点でメリットもありますが、デメリットも存在します。そのため、ワーキングホリデーを利用するときにはメリットとデメリットの両方を知ったうえで検討することが大事です。ワーキングホリデーのメリットとデメリットについて内容を紹介していきましょう。

メリット
ワーキングホリデーを利用するメリットは自由度が高い点です。ワーキングホリデーは観光ビザや就労ビザ、留学ビザのように目的別のビザではなくても学習や仕事を現地で行うことができます。また、1年間は確実に滞在できる保証があるので、ビザの更新を数ヶ月に1回移民局で行うなどの面倒な手間も必要ありません。

もし、自分が学習をしたいなら現地の言語習得のために勉強するのもいいですし、お金を稼いで生活してみたいなら働くのも自由です。1年間海外生活を自由に行えるなら、思い出やよい経験もたくさんできます。このように自由度が高いのが大きなメリットとなるでしょう。

デメリット
ワーキングホリデーはメリットもある一方でデメリットもあります。ワーキングホリデーのデメリットは年齢制限と期間が限られていることです。ワーキングホリデーは18〜30歳までの利用制限があるため、31歳になった時点でワーキングホリデーを利用して海外に行くことができなくなります。

また、ワーキングホリデーは1年間だけであり、1年後に更新して延長滞在できません。留学ビザや就労ビザであれば1年ごとに更新して長期滞在できますが、ワーキングホリデーにはこの制度がないため、長期的に滞在したい人にとってはデメリットになるでしょう。

ワーキングホリデーと留学の主な相違点

ワーキングホリデーは現地で働くこともできれば留学のように学習することも可能です。そのため、ワーキングホリデーと留学の主な違いについてわからない人もいるかもしれません。

ワーキングホリデーと留学ビザの違いは3つあり、1つ目の留学ビザは年齢制限がないことです。ワーキングホリデーは30歳までですが、留学ビザは何歳でも習得できます。2つ目の留学ビザは1つの国に何度でも行くことが可能です。ワーキングホリデーは1つの国に1回しか行けないので、その点に違いがあります。3つ目は就労です。留学ビザは学習のみで現地で働くことはできませんが、ワーキングホリデーは働くことができます。このように3つの点で違いがあることを覚えておきましょう。

 

ワーキングホリデーは年齢制限などのデメリットがありますが、現地で働くことができるなど自由度の高いビザになります。もし、海外生活を試しに行ってみたい人や語学を少し勉強したい人はワーキングホリデーを利用するのもいい方法です。ぜひ検討してみましょう。

おすすめ関連記事