留学エージェントを使わずに留学可能?手順も合わせて紹介!

公開日:2021/06/15  最終更新日:2021/03/22

語学の習得を目指すなら留学をして外国の地へ移動することがおすすめです。留学するなら日本にいるよりも語学の向上は早く質も高くなります。留学をするときは留学エージェントを利用して手続きを行うこともできますが、自分個人で留学への手続きを行うこともできます。ただ、その際はメリットなどを確認しておくことも大事なので紹介します。

留学を個人で手配する手順

留学するときにエージェントを使用せずに個人で手配するなら、どのように手配できるのか内容を知っておくことが大事です。どのような手順で手配できるのか順番に紹介していきます。

現地の大学を選び入学手続きを行う
まずは、現地の大学や地域を決めて学校の選択を行います。学校の選択は語学学校や大学をインターネットで検索することで把握できます。学校の選択のみであれば留学エージェントでも無料で学校のピックアップをして探すことができます。これらの方法を利用して自分の行きたい学校を選びましょう。

入学条件を満たしてパスポートの準備を行う
行きたい学校を選ぶことができれば、その学校への入学に必要な書類、または資格を満たすことができるようにしましょう。海外留学をするためにはTOEICなどの英語に関係する資格や英語で書いた願書、推薦文が必要になります。英語の成績証明書や銀行の残高証明書も必要になることがあるため、条件をしっかり見て揃えることができるようにしておきましょう。

パスポートの申請とビザを取得
留学先の推薦状などが通過でき海外に留学できることが決まれば、パスポートの申請やビザの習得を行う必要があります。パスポートは発行するまでに7~10日ほど期間がかかるので、直ぐに発行できるわけではありません。

また、留学ビザも現地の大学先の書類が必要になることもあるので、書類の送付などを待っているなら1〜2ヶ月ほどかかることもあります。留学する国によっては領事館まで行く必要もあるなど、場所によってやり方に違いが生じることもあります。そのため、留学前には事前の準備をすることが多く、3〜6ヶ月かかることもあるため機関にも余裕を持っておきましょう。

留学を個人で行うメリット

留学をするときに個人で手続きや計画をできますが、そのメリットについて知りたい人もいるでしょう。個人で留学を行うなら、以下のようなメリットがあるので解説していきましょう。

自由度が高い
自分1人で留学の手続きを行うなら、自由度が高いといえます。個人で手続きをするなら自分の行きたい国を選ぶこともでき、自分の好きな学習スタイルで語学を学ぶことができます。留学エージェントなどに依頼をすると授業は同じ大学の生徒と一緒に受けることや、どの学科を選ぶかなど、綿密なプランを組まれているので、自分の意見を通したくても限度があります。自分でいろいろと決めたい人は個人で行う方が合っているといえるでしょう。

期間や滞在スタイルも自分で行える
個人で留学を行うなら期間や滞在スタイルも自分の好きに行うことができます。留学エージェントを利用するなら滞在先も期間も決められてしまうので、自分の希望通りにではないなら不満を感じてしまうこともあります。しかし、自分でやるならどこを滞在先にして、どれくらいの期間勉強するのか自分の希望通りに行えます。ホームステイをしたいなら自分でホームステイ先を選んで生活することも可能なので、住みたいところなどにこだわりがあるなら、個人で選ぶのがいいでしょう。

留学を個人で行うデメリット

留学を個人で行うことはよいことだけでなくデメリットもあります。個人で留学を行うデメリットは以下の点があります。

全部自分で行わなくてはならない
個人で留学を行うなら必要な書類の手続きや滞在先、学科、ビザの習得など留学に必要な手続きはすべて行わなければいけません。もし全部自分で行うなら膨大な時間と手間がかかるため、留学の準備だけで疲れてしまうこともあります。留学エージェントであればある程度は任せることができるため、疲労は軽減できますが、個人はすべての責任も持たなくてはならないので、難しさも感じるでしょう。

情報収集に時間がかかる場合も
個人で留学を行うなら情報収集に時間がかかることも予想できます。留学先の学選択だけでも情報を集めるためにはネットで調べたり学校側に連絡したりする必要があります。英語が話せないだけでも情報収集にはかなり時間がかかってしまい疲労感も増すため、自分で情報を集める時間が足りない人は留学エージェントに依頼するのも1つの方法です。また英語がわからないと、日本語のサイトからしか情報を集められないので、情報量が圧倒的に少なくなってしまいます。

 

留学を個人で行う方法について紹介してきました。留学を個人で行うのはメリットもありますがデメリットもあります。双方を考慮して自分に合う選択をすることが大事です。留学の手順を踏んでしっかり語学学習できるように手続きをしましょう。

おすすめ関連記事